味覚異常による深刻な危険性

日本人に味覚異常、または味覚障害が急増しているという。なにしろ、若者たちは味の濃い料理しか美味しく感じないというから困ったものだ。それも刺激的な味の食事しか美味しくないというのだから深刻だ。チェーン店で提供されるファストフードは、塩味が強く甘みが濃いものでないと売れない。インスタント食品も塩味が強くて辛いものがもてはやされる。食べログなどで点数が高く人気のある飲食店で食べる食事なんて最悪である。素材の味が感じられなくなっているほど化学調味料で胡麻化しているだけだ。

清涼飲料水やお菓子なども同じである。甘味や塩味は限界を超えている。コンビニ店で販売されているコーヒーなんて最悪である。コーヒー色がついた、ただ苦みとえぐみだけで、粉っぽいお湯を飲まされている気分になる。コーヒー本来の旨味・甘味・酸味なんて皆無である。あんなコーヒーもどきの水を美味しいと毎日飲んでいるのだから、味覚異常は相当に酷い。そして、深刻なのは自分が味覚異常だと気付いていないことだ。

味覚異常は若者だけに限ったことではない。高齢者にも多いのである。長期間に渡り糖尿病の治療を受けている人や生活習慣病で長期投薬を受けている高齢者にも味覚異常が多い。塩味が感じられなくなっているから、醤油やソースを大量に使用する。砂糖を大量に入れて煮物などの料理を作らないと美味しく感じられない。味覚異常が深刻になると、食べ物が美味しく感じられなくなり、摂食障害までも引き起こす。栄養失調にもなってしまう。

このような味覚異常者が増えてしまうと、飲食店の料理人や食品企業の商品開発担当者が味覚異常者であるというケースも出てくる。ましてや、大多数の消費者が何らかの味覚異常であるとするなら、味覚異常の提供者が味覚異常のある消費者に販売しているという構図になってしまう。これでは、正しい味覚を持った人に美味しい食が提供されなくなってしまうのである。日本の伝統的食文化が、味覚異常によって破壊されてしまうではないか。

味覚異常はどうして起きるのかというと、化学調味料や大量の食品添加物などによる原因もあろうが、亜鉛の欠乏によっても起きると言われている。日本人の食生活は乱れている。偏った食事にもなっているし、ファストフード、ジャンクフード、インスタント食品、コンビニの弁当・おにぎり・惣菜で賄っている人が多い。当然、亜鉛の不足した食事になっている。また大量の農薬・化学肥料を用いて生産された農産物は亜鉛が欠乏している。さらにある種の食品添加物は亜鉛の摂取を阻害しているのである。

こうした味覚異常は、さらなる偏食を助長していく。そうなると、亜鉛不足は益々深刻になるばかりでなく、腸内環境も悪化する。胃腸の不具合は日常化し、便秘や下痢で苦しむ人が増加している。腸内環境が悪化すると、うつ病などの気分障害も発症しやすいし、肥満になりやすい。亜鉛不足は性ホルモンの異常を来たすので、男女共に性不感症になりやすい。皮膚炎やアレルギー疾患も引き起こしやすい。生きる気力さえ失うことが多い。

味覚異常を亜鉛のサプリメントで補い改善するという方法があるが、いろんな副作用も報告されているので薦められない。やはり、食生活の改善で亜鉛不足を解消するしかない。まずは、食生活において食品添加物の少ない食品を食べることである。また、なるべく農薬や化学肥料の少ない農産物を食べることを薦める。そのうえで、亜鉛の含有量が多い食品、牡蠣、牛肉、豚レバー、鶏肉、いわし、鯖、抹茶、大豆製品などを摂取することだ。是非とも薦めたい食材は、天然の山菜である。わらび、ぜんまい、こごみ、うど等の春の恵みである。特に多いのはコゴミ(クサソテツ)だ。もし春に沢山採れたら、冷凍または乾燥して保存するとよい。コゴミを食べるとアレルギー症状が軽減する。

味覚異常は、正しい食生活をしてストレスを貯めないようにすると、治ると言われる。強度のストレスがあると、唾液の分泌が減って味蕾(みらい)の働きが悪くなると言われている。また、多少まずいと感じても化学調味料に頼らず、薄味の食事に慣れることである。外食を控えて、自分で伝統的な和食を中心にした食事を摂るとよい。カップ麺を美味しいと感じて、毎日カップ麺を食べないと気が済まなくなっている人は、間違いなく味覚異常だと思われる。カップ麺依存症は、人生をだいなしにしかねない。味覚異常は深刻な異常ではないと思って放置すると、数年後にとんでもない痛い目に遭うことであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA