生きる意味が見つからない

座間市の猟奇殺人事件で犠牲になられた方々に、謹んでご冥福を祈りたい。なんと、女子高校生が3人もいたという。これからの人生なのに、若くて無念の死を遂げてしまったとは慙愧の念に堪えない。彼女たちに自殺念慮があったとはいえ、本気でこの世を儚んでいたとは思えない。自分の生きる意味が見つからないと悩んではいたであろうが、何とか見つけたいと悩み続けていたのではないだろうか。生きる意味とはなんであろうか。生きる意味を見つけるにはどうしたらよいのか、悩み苦しんでいる若者は少なくない。

生きる意味を見つけて、意気揚々と溌溂とした人生を送っている若者はどのくらい居るのであろうか。若者だけじゃない、中年者、老年者も、生きる意味を完全に見つけて生き生きとした人生を送っているのは稀ではないかと思えて仕方ない。どうして、人々は生きる意味を見つけられないのかというと、それは生きるうえでの確かな価値観を持っていないからである。価値観とは、哲学と言い換えてもよい。人間が何のために生きるのかという目的を持つには、確かな価値観を持つというのが必須なのである。

あなたは生きていく上で、どんな価値観を大事にしていますか?と聞かれて、私の価値観はこうですときっぱりと言える人は、どのくらいいるであろうか。おそらく、日本人の中で、私の価値観はこうですと即座に言えるのは、ほんの一握りの人でしかないであろう。何故なら、日本の学校教育でも家庭教育においても、価値観を教えることはしてこなかったのである。明治維新以降の近代教育制度のもとでは、価値観教育なんて不要だと敢えて避けてきたのである。さらに、戦後には思想・哲学教育は危険だとして、学校教育から一切排除してきた歴史があるのだ。

日本人とは、なんと不幸な人間だときっぱり言い切ったのは、日本を訪れたマザーテレサである。経済的にも豊かで、何もかも満たされているのに、心はいつも満たされていないし他人への思いやりも持てないでいる日本人があまりにも不幸だと感じたらしい。いつも自分だけの物質的な豊かさと幸福だけを追求して、まったく満足できていない日本人は、哀れだと思えたのかもしれない。これもやはり、日本人が正しい価値観を持てないが故の悲しさでもある。価値観を持てない日本人は、生きる意味も持てないし、正しく生きることが叶わない。こんなにも不幸なことはない。

日本のマザーテレサと呼ばれた、森のイスキアの佐藤初女さんは、人間が元気で生きるには誰かの為に役に立っているという実感が必要だと説いていらした。佐藤初女さんほど、人々の幸福に貢献した方は他にいないであろう。多くの人々の命を救い、元気にしてくれた。彼女は、確かな価値観を持っていらしたのは当然だし、人間の生きる意味をご存知だったからこそ、あんなにも多くの方々を幸せにしてこれたのに違いない。自分では何も語ることはなかったものの、その後ろ姿が雄弁に語っていた。

生きるうえでの大切な価値観、そしてその価値観に基づいた人生の意味と目的、それを学校でも家庭でも教えてくれない。だからこそ、マザーテレサや佐藤初女さんは、多くのことを敢えて語らず、自分らの行動で多くの人々に知らしめていたのに相違ない。今は、マザーテレサも佐藤初女さんもこの世には存在しない。しかし、今でも彼女たちの生き様は多くの人々に愛と勇気を与え続けてくれている。そんな生き方を自分もしたいと思っている。生きる意味が見つけられないという不幸な若者を、これ以上増やさないために。

 

※イスキアの郷しらかわでは、生きるうえで大切で正しい価値観を気付き学ぶ支援をしています。また、その価値観に基づく生きる意味や目的を設定するための研修を実施しています。解りやすい言葉で、しかも理解しやすいように物語としてご説明しています。是非、研修を受けてみてください。問い合わせフォームから申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です