発達障害の夫とカサンドラ症候群の妻

正式な傷病名ではないが、最近カサンドラ症候群という気分障害で苦しんでいる妻たちが多く存在する。あまりにも共感性の低い発達障害の夫と暮らす妻が陥るメンタル障害を、カサンドラ症候群と呼んでいる。ASD(アスペルガー症候群などの自閉症スペクトラム)の夫との暮らしにおいて、正常な会話が成り立たず、家族愛で包まれることのない不毛な家庭で、身も心も疲れ切ってしまうという。ほとんど役に立たないASDの夫である故に、家庭の切り盛りを一人でせざるを得ない妻が、カサンドラ症候群で苦しむという図式であろう。

現在サポートさせてもらっている、メンタルを病んでいる女性のクライアント、または不登校やひきこもりの子どもを持つお母さまであるクライアントは、殆どがカサンドラ症候群である。勿論、妻が発達障害というその逆のケースもない訳ではないが、ごく少数である。カサンドラ症候群の妻たちは、自分の夫がASDだと気づいていないケースもある。そういう場合には、何故自分がこんなにも家庭生活で生きづらいのかが解らず、長い期間に渡り苦しみ続けている。そして、子どもがその影響をもろに受けてしまうことが少なくない。

ASDの夫は、職場においてはごく普通に職務をこなすことが出来るケースが多い。しかし、家庭においては、まともな会話が成り立たない。まず、妻の話や子どもの話を聞かない。聞いたとしても、相手の気持ちを理解しようとしない。相手の顔を見ようともしない。自分の興味あることに心を奪われていて、上の空で会話をする。育児や教育の大切なことを話しても、まったく聞こうとしない。なにしろ、傾聴しようという気がないし、共感性がない。まるで、ロボットと会話しているようだと妻たちは嘆く。

一口に自閉症スペクトラム(ASD)と言っても、それこそ症状は様々であるし、重症の方からほんの軽い症状の方もいる。特に問題になるのが、ごく軽い症状のASDの夫と結婚してしまった妻たちである。そのASDの夫は、ごく普通に社会生活を送っている。勿論、一般企業や官公庁で立派に働いている。中には、企業家や経営者であるケースもあるし、ドクターや技術者、または法曹界で働いている人もいる。当然、経済的には一家の大黒柱であることも多いから、経済的依存度も高いので、妻たちは我慢することが多い。

社会的地位も高く、職場で高評価を得ている人も少なくない。どうしても職業や地位で判断する人が多いから、周りの人から「いい人と結婚出来て羨ましい」と言われている。そうすると、家庭内でコミュニケーション上のいろいろな問題があったとしても、夫が悪いのではなくて、自分の努力が足りないせいだと自分を責めてしまうのである。何かおかしいと感じながら、自分が悪いと思い込みがちになる。そうすると、毎日の対話や夫の言動によって、ボディーブローのように痛め続けられ、心身の異常を来してしまうことになる。

ASDの夫と結婚生活を営んで、カサンドラ症候群になった妻たちは、不眠や抑うつ症状に陥ることが多い。パニック障害やPTSDになることも少なくない。摂食障害になる人もいるし、双極性障害や統合失調症の症状を起こす人もいる。心の病気だけでなく、身体の疾患になるケースも多い。例えば、原因不明のしびれや痛みに悩まされることもある。肩こり、首の痛み、腰痛で苦しむ妻も多い。線維筋痛症と診断されることもあるし、心因性疼痛として治療を受ける妻もいる。自己免疫疾患に罹患することもあり、子宮や卵巣の疾病を発症する人もいる。つまり、カサンドラ症候群は、命に関わるような病気も引き起こすのである。

カサンドラ症候群の妻は、不安定な精神状態になったり身体の難病を発症したりする。当然、自分の子どもたちに豊かな愛情を注ぐことが難しくなり、子どもが愛着障害を発症してしまうことが多い。そして、子どもたちは不登校やひきこもりを起こしやすくなる。カサンドラ症候群の母親は、さらに心身を病んでしまうことになる。それでは、ASDの夫と離別しない限り、妻のカサンドラ症候群は治らないのだろうか。そんなことはない。ASDの夫に適切な診断と支援をすれば、症状が軽くなる場合もある。また、妻に親身になって傾聴と共感をしてくれる適切な支援者が現われれば、症状を改善できることもある。

※「イスキアの郷しらかわ」は、カサンドラ症候群の妻を支援しています。あまりに違和感を覚える夫のことで悩んでいて、相談してみたいと思われた方は『問い合わせフォーム』からご相談したいとお申込みください。こちらから、返信をいたします。

“発達障害の夫とカサンドラ症候群の妻” への3件の返信

  1. こんばんは。ブログの配信、いつもありがとうございます。夫婦の関係性。とても難しいですね。うちで効果があったのは、Australian Bush Flower Essence(:オーストラリアン・ブッシュ・フラワー・エッセンス)のWedding Bush(:ウェディング・ブッシュ)でした。

    Facebookの自分の投稿でもシェアしたのですが、最近のシェアはRough Bluebell(:ラフ・ブルーベル)ですね。

    ご苦労される筈です。ラフ・ブルーベルがどのように使われているか。それは、このブランドのFlower Essenceの製作者、及び、実践家である、イアン・ホワイト氏の書籍に記されています。

    インターネットだと、Google検索で、まずENCIELさんのページが出て来ます。そこに、少し説明がありますが。自分からの説明は、余りにも僭越です。

    自分は、20年程フラワー・エッセンスを何ブランドも試して来ましたが、問題そのものが、解決しない事が殆どでした。解決しないどころか、事態が悪化する事も多く、差し迫った危機も何度も経験しました。なので、過去、他の方に積極的に勧めた事はありません。

    今ですら、自分自身と、同居家族への時々の使用のみに留めています。まずは自分自身だと思うので。

    日本は、マルチ商法の普及、オカルトグッズの普及、新興宗教の普及等で、エネルギーを含むものの取り扱いが、非常に杜撰な状況ですね。それが長期間続いています。つまり、何をするにも誤解を招きやすい。それが障害ですね。

    特に、男性の方には。困っている友人にすら、こちらからは、何も、誰も、紹介出来ません。任意。本人次第。本人の選択によるもの。それが全てです。

    そこで、このコメント欄には、私自身が使ってみて、確かに効果があったもの。その臨床体験という事で、お伝え出来れば。そう思います。

    自分の投稿は、他の方(エナジーワーカー)の記事のシェアの場合、全て、そういう投稿です。

    実践の体験としましては、15mlの原液のボトルを、Rough Bluebellの場合、自宅の居間のテーブルに置いている。今のところ、そちらは開封はしていません。

    Wedding Bushの方は、使い方の説明通り。どこかに書いてあると思います。うちは、そこに海の塩を適宜、入れていますが。フラワーエッセンスの全ての原型は、バッチ・フラワー・レメディーズですね。わかっているところでは。

    もし、ご興味があれば。

    いつも、ありがとうございます。

    1. 郡司真実さま、コメントありがとうございます。

      いろんな解決の仕方があります。その方にとって有効な方法を試していただくことでよいかと思います。同じことをしても、効く人もいれば効かない人もいます。
      フラワーオイルエッセンスは、ボディーワークをする際に活用させてもらっています。あくまでも補助的な使い方であって、臨時的な効果をねらっています。長期的な使用をすると、いずれ嗅覚が慣れ過ぎてしまうようです。

  2. 舟木様

    お忙しい中、返信ありがとうございます。

    フラワーオイルエッセンスは、自分は全く存じませんが。香りつきとなると、全く別の物かも知れませんね。

    個人差。おっしゃる通りだと思います。ご本人自身も、自分と、家族、そして、その周囲の環境、つまり、自分を取り巻く環境全域について、出来るだけ深く理解する事が必要だと思います。

    外部の人間が、別の個人に対して出来る事は、ごく限られています。

    ご本人が知らない事は、他人が教える事は出来ません。目的は、ある個人の、先ずは意識の自立。自分はそう思っています。

    日本人は、それが難しいところですね。
    依存性によく躓き(つまづき)ますから。

    世代によっても、非常に差異がありますし。男女の関係性についての理解もまた、差異があるように思います。

    同年代どうしが、最も自然な理解が出来そうですね。

    どの道、本人自身の気づき。それが最高の理解だと思います。そこから、自然に行動が修正されると思うので。

    香り、それにボディワークについては、自分は全くの素人です。また、ぜひお知らせ下さい。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA