一人で死ねばいい

川崎市で起きた小学生の無差別殺傷事件で、事件を起こして自死した岩崎容疑者に対して、SNSやツイッター上で「一人で死ねばいいのに」という書き込みが多数寄せられているらしい。この書き込みに対して、多くの賛否両論があって、情報番組でもコメンテーターが喧々諤々の論戦を繰り広げている。死ぬのは構わないが、罪もない人々を巻き込むのは許せないという思いで書き込んだのだと思うが、そんなことを言う権利があるのだろうかという反論が多い。または、自分の命を自分で奪うという行為を容認し勧めることに疑問を持つ人も多い。

犯人の岩崎容疑者がしでかしたこの悲惨な事件による被害者の方やその家族の方たちの心情を察するに、どうして何の縁もゆかりもない人々を道連れにしたのだろうかと、岩崎容疑者に対して怒りや憎しみの感情を持ってしまうのは仕方ない。岩崎容疑者が自殺してしまったことにより、ぶつける相手がいないことから、やり場のない怒りを抱え込んでしまうに違いない。被害者や家族が「一人で死ねばいい」とついつい思ってしまうのは当然と思われる。しかし、まったくの第三者による死ねばいいという書き込みには、違和感を覚える。

岩崎容疑者が起こした事件は、法的・社会的・人道的にも絶対に許せない非道な行為である。人の命を奪うという行為は、どんな理由があるにしてもしてはならない。当人に問い質せないので、その動機の解明が難しくなっている。報道によると、岩崎容疑者が小学生の時に両親が離婚してしまい、伯父夫婦が養父母になって育てられたという。実子が二人いて、その二人と育児上での差別を受けていたのではないかと言われている。自分が誰からも愛されていないという孤独感と不幸感から、社会に対する憎しみへと変化し、増幅したのかもしれない。

それにしても、「一人で死ねばいい」という投稿が多く、その投稿に共感する人たちがとても多いということに慄然とする。凶悪事件を起こした犯人に同情や共感することはないにしても、岩崎容疑者がそこまで追い込まれてしまった不幸な境遇をどのように感じているのであろうか。けっして許されることではないにしても、当事者本人の自己責任として扱うことに何となく違和感を覚える人もいるに違いない。岩崎容疑者のあまりにも悲惨な養育環境を考慮すれば、もし自分がそんな育てられ方をしたらどうなったのかと、想像できないのが情けない気がする。

自己責任論が独り歩きしていることに、以前から苦々しく思っていたが、あまりにも本人だけにすべての責任を押し付けてはならないように感じる。『三つ子の魂百までも』と言われているように、乳幼児期の育児環境によって、大人になってからの生き方がある程度決まってしまうのは間違いないと思われる。特に、最先端の脳科学や発達心理学の研究によって、脳内神経伝達物質の分泌や脳の発達が、2~3歳までに決定されてしまい、その影響が大人になっても大きく影響することが解明されている。自己責任論で押し切るのは乱暴であろう。

岩崎容疑者の両親は小学生の時に離婚したらしいが、乳幼児期に両親夫婦が毎日のように争いをしていて、怒鳴り声や金切り声をあげていたのではないかと想像する。こういう状況で育てられた子どもの脳は、正常な発達が阻害されてしまう。脳が破壊されてしまうこともあるし、オキシトシンホルモンの分泌が阻害されたと思われる。事情はあったにせよ、どちらの親も彼の育児を放棄したのだから、自分は親から見捨てられたという絶望感が広がったに違いない。岩崎容疑者は、重度の愛着障害を抱えていたと思われる。それが今回の凶悪事件に繋がったと考えられる。過去の無差別殺傷事件の犯人たちとの共通点がここにある。

一度重い愛着障害を抱えてしまうと、自分の努力だけで愛着障害を乗り越えることは殆ど不可能である。家族や第三者からの適切な『愛着アプローチ』がないと、愛着障害を癒したり克服したりすることはできないのである。岩崎容疑者に対して、誰かが豊かな愛情を込めながら愛着アプローチをしたとしたら、こんな不幸な事件は起きなかったかもしれない。または、愛着障害を起こさないような教育をしようという社会的な共通認識があったとすれば、岩崎容疑者のような人間は生み出されなかったと思われる。彼のことを誰かが突然変異だと言っていたが、そんなことはなくて誰でも悲惨な育児環境におかれたら、こういう事件を起こす可能性があると認識すべきだ。「一人で死ねばいい」というような冷たい言葉が横行することもなかったに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA