48グループ内の競争は自己破滅を生む

NGT48メンバーの一人がファンから暴行を受けた事件では、グループ内の確執から発生したのではないかとの憶測が流れている。当初、熱烈なファンが思い余って起こした単純なストーカー的事件と見られていたが、暴行を起こした男性は他のメンバーと深い関係にあり、暴行を受けたメンバーのファンではなかったと報道されている。暴行を受けたメンバーが、グループ内のメンバーの風紀が乱れていると運営者側に密告した報復として、密告されたメンバーが暴行を指示したのではと疑われているという。48グループ内での確執や不仲による影響が、こんな形で現れるのは異例である。

この事件が起きたメンバーどうしの確執や不仲は、NGT48だけに起きているのかというと、けっしてそうではないだろう。このNGT48を運営する会社のマネジメントが不十分だったから起きたのではなく、抑えきれなかったというか、隠しきれなかったというべきだろう。他の48グループでも、不仲や確執はあるに違いない。それらが明らかになっていないだけである。情報統制やメンバーの統制が効いているから、表に出ないだけであり、メンバーどうしがお互いに快く思っていないことが実際にあるのは当たり前だ。

何故、NGT48グループだけでなく他の48グループにもそんな確執や不仲など関係性の悪化があるのかというと、メンバーどうしを競争させているからである。その競争も、中途半端なものではなくて、自分のタレント人生を賭けた過酷な争いなのである。その競争に勝ち抜いたものだけがトップスターになれるが、負けた者はタレント人生が終焉を迎えるという残酷なステージで踊らされるのである。この競争は、世間の話題になるしマスコミが取り上げるので人気を博する。しかし、メンバーたちは神経をすり減らし、心を病んでしまうぐらい自分自身を痛めつけられている。

いくら本人たちが望んでいると言っても、うら若き少女たちを競争させて人気を盛り上げ、CDやコンサートの売り上げ増を実現させて、それを金儲けの手段にするなんて人間として許せないことである。熱狂的なファンに無駄なほどの量のCDを買わせて、握手券や投票券を入手させるという実に巧妙な手口を考えた人間は、お金の為に人を不幸にさせる冷酷な人間であろう。このシステムによって、多くの若者が価値を生み出さない無駄な金をどぶに捨てたことであろう。これこそ、非生産的な行為と言えよう。しかも、この競争原理によって、多くのメンバーが非人間的な扱いをされ、不幸な思いをしている。故に賢いメンバーは、この蟻地獄のような世界が自分を駄目にすると認識し、卒業するのである。

48グループというのは、それを構成するメンバーどうしの関係性によって成り立っている。メンバーどうしに行き過ぎた競争をさせると、関係性が悪化してしまい、グループが内部崩壊するのである。会社や職場も同じである。富士通や東芝等において人事評価制度で競争をさせて、生産性を上げようとしたら、逆に会社全体の業績が低迷したのは、社員どうしや部門間の関係性が悪化したからである。人間に行き過ぎた競争をさせると、精神を病んでしまう。不登校やひきこもり、さらには休職者を増大させたのは、ひとつには無理に競い合わせる社会構造が生み出したと言えよう。学校や職場でいじめやパワハラが横行しているのは、行き過ぎた競争によって、人が本来持っている優しさや慈しみの気持ちを忘却させたからに違いない。

48グループに過酷な競争を強いることによって、メンバーどうしの確執やいじめに発展しているのは間違いない。さらには、ファンどうしの争いにまでなっている。今までもそんな事実があったにしても、明らかにされなかっただけであり、今回の暴行事件は氷山の一角に過ぎない。このままで行けば、各48グループで益々悲惨な事件が起きることだろう。そして、48グループのメンバーは過酷な競争によってメンタルを病んでしまうし、将来はやがてひきこもりやニートになるかもしれない。山口メンバーは、身体の傷はなかったが心に負った傷害は非常に大きい。傷害罪として立件しない警察官たちは、心の傷がいかに大きいのかを理解できないだけだ。これから48グループが健全に発展していくためには、競争原理を緩めて関係性を重視するような営業方針の見直しが必要であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA