キレるのは何故か~脳科学的検証~

高速道路でのあおり運転から事故死を招いて、危険運転致死傷罪で23年の求刑をされた被告運転手がいた。まだ判決は出ていいが、この被告は運転中に何度もキレていたと交際していた女性が証言していた。最近、このような危険なあおり運転が続発しているが、その殆どのケースで運転手がキレていたと思われる。車というのはある意味凶器にもなりえる。そんな凶器を操っている人間が、こんなにも簡単にキレてしまえば、周りの善良な運転手と同乗者は大変なリスクを背負うことになる。死と隣り合わせのドライブと言えよう。

隣国の韓国では、最近飲食店や販売店に訪れたお客が、突然キレて店員に暴力を奮う事件が続発しているらしい。韓国のケースでは、この様子を動画で録画していた他の客がSNS上にアップして、人物が特定されてしまうという。この人物はネット上で炎上するだけでなく、警察にも摘発されてしまい、深く反省させられるという。韓国ではこのキレる客が多いことから社会問題化してしまい、労働法を改正せざるを得ない状況に追い込まれているくらい深刻だという。韓国ではキレた経営者が社員を暴行する事件も起きている。

日本や韓国で、どうしてこんなにもキレる人間が多くなっているのであろうか。我慢できない人間が増えているとも言えるが、何故こんなに忍耐力を持てなくなっているのか、脳科学的に検証してみたいと思う。怒りや憎しみの感情などを起こすのは大脳辺縁系における偏桃体だと言われている。キレるというのは偏桃体が暴走した状態と言えよう。この偏桃体の働きを抑えるのは前頭前野である。前頭前野が正常に発達していると、偏桃体が暴走するのを鎮めてくれるらしい。偏桃体が異常に働きすぎることと前頭前野の未発達がキレる原因を作っているのではないかと見られている。

キレる原因はこれだけではない。セロトニンの分泌が少ないとキレやすいとも言われている。脳幹部に近いところにある縫線核という箇所に、セロトニン神経の細胞が集中している。このセロトニン神経が、現代の過剰なストレスや疲れ、または不眠などにより、セロトニン神経が疲弊しているとキレると言われている。さらに、低血糖状態でキレることが解明されている。現代の食生活の乱れが血糖値の不安定を呼んで、低血糖状態を起こしてキレる。糖分や糖質の多い食べ物や飲み物を好んで飲食する生活が、キレることに繋がる。

偏桃体や前頭前野の異常、そして脳幹部の縫線核の機能低下、さらには食生活の乱れがキレるという症状を起こしているのである。現代人における、運動不足・不眠などの生活習慣の乱れもキレやすくさせている。自然派の医師たちは、農薬と化学肥料使用の農産物・人工の食品添加物・殺菌剤・ホルモン剤や抗生物質投与の畜産物や魚介類・ワクチン投与・牛乳の摂取なども脳や人体システムの異常を起こしていると主張している。そういう意味では、小さい頃からの食生活も含めた生活習慣が大切だと言える。ましてや、セロトニン不足がキレるというのであれば、親からの愛情不足も影響しているかもしれない。

現代人がこんなにもキレやすくなっているというのは、別の視点から考察すれば、このままに推移していくと、社会生活が安心して送れなくなってしまうということになる。街を歩いていて、ちょっとした動作や表情が気に入らないからと、突然暴行を奮われることになり兼ねない。車の運転だって、いくらドライブレコーダーを積載して抑止効果はあっても、あおり運転をされる危険性がまったくなくなる訳ではない。ましてや、激高した人間は後々のことなんて考えない。一度キレてしまえば周りの人が止めてもブレーキが効かなくなる。車を運転するのは楽しい筈なのに、おどおどしながらドライブするしかなくなる。

こんなキレるような人間を生み出している責任は、すべてではないにしても、保護者にあると言える。小さい頃から愛情いっぱいに育てて、正しい食生活を心がけ、運動や自然体験をたっぷりとさせて、豊かな想像力と感性を育むことが大切だ。しかも、前頭前野を正常に発達させるには、正しい価値観の教育が必須である。人は何故生まれてきたのか、どう生きるべきかという人生哲学を育むには、根底となる宇宙の真理に基づく価値観が必要になる。自分の為だけでなく、周りの人々や世界人類を幸福にすることが人間としての務めであると、具体例や物語として教えてくれる大人が必要だと言える。これがキレる人間をこれ以上生み出さない唯一の方策である。

※キレやすい我が子、またはキレる社員がいて困っている方がいたら、「イスキアの郷しらかわ」の研修を受講されることをお薦めします。キレる本人だけでなく、親、または企業の管理者がキレる人間をどう扱うかという学びも可能です。自分がどうしてキレるのか悩んでいらっしゃる方には是非受講してもらいたいと思っています。問い合わせフォームからご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA