夫現病を治す方法

ご婦人の不定愁訴症候群のうち、他の特定のストレス要因がなくて、夫が原因としか考えられないものを『夫原病』と呼ぶという。この夫原病が益々増加しているし、その症状が深刻化しているという。そして困ったことに、この夫現病がそのまま改善しないと、重大な免疫疾患や内分泌疾患にもなりやすいし、うつ病やパニック障害などの精神疾患に追い込まれることが多い。さらには、これらの症状を放置しておくと、乳がん、子宮がん、卵巣がんになるケースも少なくないから、軽症のうちに治す必要があるとみられる。

ところが、この夫現病を治癒させることが非常に難しいのである。元々、夫の言動や関わり合いが原因なのだから、投薬治療やカウンセリングで完全治癒することは期待できない。夫が変わらない限り、この夫現病は完全治癒することはない。または、夫と離婚すればこの夫現病から解放されるが、子どもが居れば踏み切れないし、離婚したあとの経済的な不安があると思いきれないものだ。自分が原因だと分かったとしても、夫は自分から変わろうとはしない。ましてや、ドクターから夫原病だと宣言されても納得できないのが人間だ。

だとすれば、夫原病になった妻は一生この苦しさに甘んじなければならないのか。ましてや、夫が高い社会的地位や立派な職業に就いていて、高収入で経済的にも裕福な暮らしを保証している夫婦関係であればあるほど夫原病を発症しやすいから複雑である。自分が我慢しなければならないと思うほど、そして良妻賢母ならなおさらこの夫現病になりやすいから、治りにくいのである。妻よりも夫の方が社会的成功者に見られていて、圧倒的に優位な立場であるほど、夫原病が完治することが少ないというのである。

ひとつだけ夫原病を治す方法がある。教養や学歴が高くて、プライドの高い夫が唯一自ら変化しようとする心理療法があるのだ。それは、オープンダイアローグという最新の家族カウンセリング療法である。フィンランドのセイックラ教授が開発した、難治性の精神疾患を完全治癒させるという精神療法のひとつである。これを夫婦に対する家族カウンセリング療法として実施すれば、かなりの効果を挙げることになろう。このミラノ学派の家族カウンセリング療法は、家族内に存在する病理を糾弾することはないし、介入することはない。だから、夫も協力的な態度をしてくれるし、自ら変わろうとするのである。

通常、メンタルの疾患の原因が家族にあるとすれば、家族に対するカウンセリングを行い、その病理を明らかにして、メンタル疾患の原因になっている家族の言動を変化させるという手法を取ることが多い。ただし、その場合家族の疾患の原因が自分にあると指摘された本人はどのように感じるであろうか。おそらく、原因が自分にあるとされたならば、当事者はおおいに反発するに違いない。ましてや、妻の病気の原因が自分にあると断言され、あなたは変わらなければならないと言われたら、相当なショックを受けるし、反論したがるのは目に見えている。自分だけの責任ではないと、変化するのを拒むに違いない。

オープンダイアローグ(以下ODと略する)という家族カウンセリングの手法は、今までのそれとはまったく違うのである。だから、治療効果が高いという。ODは基本的に確定診断をしないし、治療計画を示さない。当然、診断をしないのだから原因も追究しない。ましてや、特定の誰かに疾患の責任を負わせることをしないのである。どうするのかというと、当事者と家族に対してセラピストが開かれた対話を繰り広げるだけである。それも、当事者のつらくて苦しい状況とその気持ちを聞き取って明らかにするだけである。さらに、どのような時にそういう症状が起きるのかを否定せず共感的に傾聴するだけである。

ODをするセラピストは、家族関係に対して一切『介入』をしない。つまり、インプットをしないしアウトプットも求めない。あくまでも、家族が自分たちで現状をどのように認識して、自分がどうすれば良いのかを気付き学ぶ場を提供するだけである。ODのセラピストは、当事者が治癒することを求めないのである。そんな馬鹿なと思うかもしれないが、人間というのは何か変化することを他人から求められると拒否するからである。人間が本来持つ『自己組織性』と『オートポイエーシス(自己産生)』を引き出すのが、ODなのである。ODを続けて行くと不思議なことに、本人自ら変わろうとするのである。当事者も含めた家族全員が、自分から変化したいと心から思うのである。これは、実に不思議な化学反応が起きると言えよう。夫原病を治すには、ODが最適だと言える所以である。

 

※「イスキアの郷しらかわ」では、オープンダイアローグの勉強会を実施しています。ODの手法を実際に展開しながら、その効果を実感することが可能です。家族カウンセリングをしたいからと、当事者と家族が一緒にセラピストを訪問するというのは、かなり敷居が高くて難しいことです。しかし、あくまでも心身の保養のために、一緒に農家民宿を利用するというのはハードルが低いと思われます。その際に、オープンダイアローグの手法を学びながら、家族カウンセリングを体験するという形を取れば、実質的なODが受けることが可能です。まずは「問い合わせ」フォームからご相談ください。

2 Replies to “夫現病を治す方法”

  1. 初めまして。

    私よりも優先度の高い方がいらっしゃるだろうのに、私が連絡をしていいものかと躊躇もしましたが、連絡をさせて頂きました。

    オープンダイアローグに興味があります。

    でも、果たして夫は一緒に行ってくれるのか?
    話しの核心となったときに怒り出さないか?
    そもそも、まずは私(と子ども)がそちらでゆっくりして、心を回復させたいです。(夫になんと言うのか、お金や時間など現実問題は、具体的に考えていないけれど)

    考えはまとまっていませんが、連絡をさせて頂きました。

    1. オープンダイアローグにご興味を示していただき、ありがとうございます。夫原病だということを旦那様に指摘して、原因があなたにあるんだと追及したとしたら怒り出します。そして、ただ反発するだけで本人が反省して自らの行動を正すようなことはしないでしょう。ましてや、イスキアに行こうとおっしゃっても警戒していらっしゃらない可能性が高いと思われます。ですから、今まで実施されてきた家族カウンセリングでは、あまり効果がありませんでした。

      ところが、オープンダイアローグというのは今までのカウンセリングとはまったく違います。まずは診断しませんし、原因を追究しません。治療計画も示しません。ただ、現在困っていることとか、辛い症状や不安・恐怖、悲しかったときのこと、苦しかった事実、などを誰も責めることなく否定することなく聞き取るだけです。何もインプットしませんし、何のアウトプットも求めないのです。原則として、セラピストやカウンセラーは、一切介入しないというのが基本姿勢です。そんなことで、自分から変わることをするのかというと、自ら持っている自己組織化の機能やオートポイエーシス(自己産出)という機能を発揮して、自分の間違いやこだわりに気付くのです。

      誰でも自分が否定されたり批判されたりするのは嫌なものです。ですから、一切本人を責めることなく、自ら変わろうとするのをそっと支えるだけです。少し時間はかかりますが、これが夫原病を癒していく唯一の方法です。勿論、旦那さんと一緒にいらしていただくのがベストですが、ご自分だけでも効果があります。そして、旦那様との対話を今後どのようにすればいいのかを、自ら気付いてもらうことをご支援申し上げます。さらに、旦那さんから受けている言動をどのように認知するのか、自分の心をどう保てばいいのかを気付いてもらうようにいたします。

      まずは、問い合わせフォームから詳しく相談させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA