一緒にいると疲れる人と付き合う方法

一緒にいると異様に疲れてしまい、元気を削がれてしまう人がいる。職場や組織に所属していると、必ずこういう人と出会うものである。出来れば、こういう人とはなるべく付き合いたくない。しかし、どうしても関わり合いを持つしかないケースもある。こういう人と上手く付き合う方法はないものだろうか。一緒にいても何とか、自分のエネルギーを削がれないで、関係を保って行く方法がないだろうか。

一緒にいると疲れる人というのは、自己中で身勝手で自己愛の強い人である。自分の利益のことしか考えていないし、損か得かで行動をする人である。心が穢れているから、波動が乱れている。しかも、自分に従うように周りの人々を支配したがるしコントロールしようとするのだ。自由を束縛されて支配された人は、エネルギーを奪われてしまう。だから、こういう人が傍にいるだけで、異様に疲れるのである。こんな人が同僚や上司であれば、日々疲れ切ってしまい、そのストレスから病気になってしまう危険がある。

こういう人とエネルギーを奪われないで、上手く付き合うには、かなりのコツが必要である。絶対にしてはならないことが一つある。それは、相手の間違った価値観に合わせてはならないということである。間違った価値観で生きてしまうと、やがて多くの人々の信頼を失い、関係性を損なってしまうからである。どんなに行動をコントロールされたとしても、心まで自由にされてはならないということである。例え表面的には従ったとしても、魂まで売り渡してはならないということを肝に銘じておかなければならない。

一緒にいると疲れる相手は、自分の支配下に置き、自分に従わせるようあれこれと指図する。例え間違っている指示であったとしても、上司ならば従わないとならない。後で、何らかの仕返しをするからである。こういう粘着質タイプの人間は、自分に逆らった人をいつまでも根に持っていて、何かの機会にリベンジしたがる。上司にはこびへつらうが、部下や同僚であれば、パワハラやモラハラをしがちであるので注意が必要である。表面的には、ある程度は従順な態度をする必要があろう。それでも、嫌っているという本心は悟られないように、上手く振る舞うことが求められる。

そのうえで、一緒にいると疲れる人に対して、どのようにすれば良いかというと、同じレベルで考えないということである。自分の価値観との違いをしっかりと認識する必要がある。一緒にいると疲れる人の低劣な価値観と同等のレベルの価値観に捉われないことである。一段とレベルの高い価値観を持って、その問題の人間の低レベルの行動を洞察し、どうしてそんな馬鹿な行動をするのかを詳しく分析するのである。そうすると、彼の生い立ちや経歴、または元になっている低い価値観が見えてくる。そんな問題行動をしてしまう背景もよく観察すると、そのあまりにも酷い人間性や人格が明らかになる。

言い替えると、一緒にいると疲れる人の問題行動を、俯瞰するということである。そのうえで、いかに低劣で酷い価値観によって行動している愚かさを、一段も二段も高い処から、ああ気の毒だな、可哀想になあ、と客観的に眺めるとよい。けっして同レベルの人間としてではなく、数段も高い位置からの第三者的な分析をするのである。そして、絶対にしてはならないのは、同じ会社や組織の人間には話さないし悟られないことである。人間は、自分を守る為には平気で裏切ることがあるからだ。一緒にいると疲れる人の悪口や愚痴を、その人の周りにいる人には絶対に言わないことである。また、自分の実名・会社が特定できるようなSNSやブログでは、情報発信をしないことも大事である。ひょんなことから、その本人に伝わることがあるからだ。自分の本心は悟られないように振る舞うことが大切である。

一緒にいると疲れる人というのは、会社や組織で高い地位につきやすい。何故なら、上司や経営者に媚びへつらうからである。自分より高い地位の人には歯の浮くようなおべっかを使い、自分よりも目下や同等の者はバカにするばかりか陥れることさえする。自分に歯向かうものには徹底して攻撃して来る。やがて、こういう人間は社会的に信頼されず破綻する運命にある。家庭においては、不幸な生活をしがちだ。配偶者は病気になりやすい。子どもは問題行動を起こしやすい。結局は、社会的な制裁を受けることになるのである。一緒にいると疲れる人と上手く付き合うには、あくまでも表面的に合わせるだけの日常にして、対面した時はニコニコして、後ろ向きではあかんべえをするくらいの気持ちで接すること肝要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA