女性専用車両のバトル

女性専用車両に男性たちが乗り込んで、その在り方について一石を投じたいみたいなことを主張している人たちがいる。男性と一緒に満員電車に乗ることを嫌がる女性たちと、険悪なバトルを繰り広げていることが報道されている。確かに法的拘束力はないものの、男性にとっての実害は殆どないのにも関わらず、こんなことで騒ぎを起こす人間がいることに情けなく思う。こんな馬鹿馬鹿しい行動をばっさり切り捨てれば良いのに、賛否の両意見を垂れ流してしまう報道姿勢にも呆れてものが言えない。

そもそも、この女性専用車両が生まれたのは、満員の通勤通学時に限って、女性専用の車両をつくることで、か弱き女性を守ろうとしたのである。それを一部の男性が今になっておかしいと言うこと自体、どうなのかと不思議でならない。確かに、こんな女性専用車両なんてないことに越したことはない。男性乗客の全員が善良なジェントルマンであれば、こんな女性専用車両なんて不要である。痴漢行為もなくなるし、痴漢被害に遭ってトラウマを持つ女性もいなくなる。しかし、実際に痴漢行為をする卑劣な男性が存在しているのである。緊急避難的に女性専用車両を作るしか他に方法がないのである。

※冬の磐梯山

痴漢行為を許さない社会を作ることが我々の責務であり、そのような卑劣な行為をさせないことを子どものうちからしっかり教育する義務が我々にある。だから、こんな痴漢行為が横行する社会を作ったのは我々自身なのである。その責任を果たさずに、女性専用車両の在り方を論じる為の行動をするという、破廉恥極まりない言動を我々は断じて許してはならないのである。マスメディアも賛否の意見など垂れ流さず、痴漢行為をやめさせる断固たる意思表示をするべきである。

一方では、痴漢と間違われて誤認逮捕されるケースが少なくない。女性や目撃者による思い込みで誤認されるようである。確かに、満員電車の中では誰が自分の身体にいたずらをしたのか解りにくい。いたずらをする方だって、すぐに解ってしまうようなやり方をせず、巧妙に誰かに罪をなすりつけることだってあり得る筈である。空いているほうの手は必ずつり革や手すりを掴んで、誤認されないように自己防衛している男性は多い。女性専用車両があれば、そんな苦労をしなくても済むという利点が男性側にも存在する。

女性専用車両が必要だという一番の理由は、この車両でないと混雑時の通勤と通学が出来ない女性がいるという事実である。つまり、過去に卑劣な痴漢行為に遭ってしまい、それがトラウマになってしまい、混雑した車両に乗ることが出来なくなってしまった女性が現に存在するのである。PTSD(心的外傷後ストレス障害)はやっかいな症状である。同じような環境に置かれただけで、被害を受けたトラウマが甦りパニックを起こしてしまうのである。女性専用車両でしか通勤通学が出来ない人を、救えないのである。議論の余地なんてまったくない。女性専用車両は、なくしてはならないのである。

新渡戸稲造氏が英語で書いて世界的ベストセラーになった名著が存在する。「武士道~日本の魂~」という著作がそれである。彼が多くの米国人から、日本人は宗教観を持たないにも関わらず、高い道徳性を持つのは何故かと問われ、その基本は武士道にあると気付き書いたのがこの本である。特筆すべきなのは、武士道の中で大切にした価値観のひとつに『惻隠の心』というものがあると紹介したことである。惻隠の心とは、弱者や敗者に対する配慮及び敬意のことである。社会的強者である武士だからこそ、その権力や権威をひけらかしてはならないし、社会的弱者を守るという矜持を持たなければならないという教えである。

この惻隠の心は、武士が大切に守り育ててきた価値観でもある。武道において敗者を貶めるような行為を慎むと共に、勝ち誇るような態度を取ってはならないと教える。大相撲の横綱が卑怯な手を使って勝ったり、勝負が決まった相手を土俵下まで落としたりするような行為は、惻隠の心に反する。今、日本人の心には『惻隠の心』がなくなってしまった。だから、学校や職場でいじめが横行し、不登校やひきこもりにならざるを得ない青少年がいるのだ。反抗さえ出来ないか弱き女性にいたずらをするなんて卑怯なことは、惻隠の心があれば絶対に出来ない行為である。ましてや、女性専用車両に乗り込むなどという卑劣な行為も絶対に出来ないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA