医療が発達してるのに病人が増加する不思議

これだけ日進月歩している医療技術があるのに、病人が一向に減らずに、逆に増加しているということを不思議だと思う人は、どれだけいるだろうか。西洋の近代医療は、着実に進歩し続けている。診断技術は格段に進化している。X線診断撮影装置がなかった時代は、触診と聴打診、問診や脈診、顔色などで診断をしていたのである。レントゲン撮影が可能になり、内蔵や骨の状態まで確認できるようになり、そしてCTスキャンやMRIによる診断に進み、さらには核医学診断やPETまでが出現するに至っては、確定診断技術は飛躍的に進化したと言える。

血液や尿などの検査技術も発展したし、超音波診断装置は極めて鮮明な画像診断を可能にし、内視鏡による診断と治療は格段の進歩を遂げてきた。診断技術だけではとどまらない。薬物治療は、抗生物質という夢のような薬剤が開発されて、あらゆる感染症の重症化や術後感染を防ぐことが可能となった。抗がん剤や抗精神薬や抗うつ剤など、画期的な薬剤開発がいくつも成功している。さらには、手術などの治療技術は、特に発展を遂げている。よほどの転移をした末期がんでない限り、かなりの成功確率で手術が可能になっている。

これだけ医療技術が発展しているにも関わらず、病人は一向に減らないのである。医療技術が向上すれば、それだけ医療費が嵩むというのは理解できるが、病人が完治すれば患者数は減るはずなのに、実際は患者数も増えているのである。ということは、近代医療技術の発展は、患者を減らすことは出来ないし、逆に増やしているという結論になる。いや、診断技術が上がって今まで見つけられなかった疾病を見つけられるようになったと主張する人もいよう。さらには、今まで助からなかった患者が医療技術の進歩により長生きできるようになったと言う人もいるだろう。果たして、その通りだろうか。

全国広しといえどもたった一人の医師だけが、患者さんを劇的に減らしている。その医師とは、既に現役をリタイアしているが、真弓定夫先生である。医大卒業後に病院の勤務医をしていたが、自分が理想としている医療とは程遠い現実に嫌気がさして、小児科医院を開業した。開業当時は、押すな押すなの大盛況で、待合室は溢れんばかりであったという。評判が悪いとか、治らないからという理由ではない。患者さんが完全に治癒するばかりでなく、その後は永久に再発もせず、ましてや他の病気にならないからである。したがって、開業して何年か経つと、患者さんは激減してしまったのである。

しかし、真弓先生の評判を聞いて、小児科の患者さんだけでなく、全国から一般の大人の患者さんも訪れているので、経営が困難になるほど少ない訳ではない。先生の医院には、薬も注射も置いてない。すべて、食事や暮らし方、そして精神の持ち方などの生活指導だけの治療で劇的に病気を治す。いや、『治す』という言葉は相応しくない。患者自らが治すのであって、真弓医師はその患者さんの治す力を引き出す手伝いをしているだけである。適切な食事と運動、そしてストレスの解消などで病気が自然に治るという。

真弓先生の食育はごく単純な理論であり、誰でも実践が可能である。日本人のDNAに合った、伝統的な和食を勧めている。真弓先生が絶対に摂ってはならないと強く指導しているのは、牛乳と肉である。病気がちだった乳幼児と少年たちが、牛乳と肉食を止めることで、病気にならない強い身体になったらしい。牛乳は元々牛が成長するためのものであり、人間が常時飲むものではないという主張である。動物の体温は常に37度以上あり、それを人間が食べると血管が詰まるという単純な理由からであるという。つまり、自然の摂理に従った食べ方と生き方をすれば、自然治癒力が向上し病気にならないと言うのだ。

医療経営というのは、常に重大なパラドックスを抱えている。病気を治すのが医療機関であるが、完全に治してしまえば医療経営は成り立たない。医薬品製造会社も、完全に治す薬品を作り続ければ、薬品会社の経営は破たんする。精神科医療の経営者は、精神薬を投与し続けなければ経営が行き詰ることを承知している。意識的に、医療機関や薬品会社は病気を治さないようにしているなどと乱暴なことを言うつもりはない。しかし、現実にそういうことが起きているということを、国民は認識すべきであろう。真弓定夫先生のような本物の先生が増えてくれば、病気にならない幸福な人生を歩める人が増えるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA