匂いの暴力は止めて!

街中ですれ違った若い女性が、強烈な香水やフレグランスの匂いを撒き散らしているのに、最近出合うことが多い。それも、近付かないうちから匂ってくる、ものすごいやつである。本人はエチケットやお洒落のつもりで付けているのであろうが、はた迷惑なものである。むせ返るような匂いに、吐き気さえ覚えてしまう。おそらく、香水を付けている本人は、嗅覚が麻痺しているのではないかと思われる。通常の嗅覚を持っている人にとっては、あんな匂いは暴力に等しい。人間にとって、嗅覚というのは無意識下に一番強い影響を及ぼすものであるから、あの強烈な匂いはPTSDにさえなりそうである。

そういえば、若い女性だけが強烈な匂いを発しているわけではない。最近は、オーデコロンを付けている男性も増えた。それも、シトラス系でなくてフローラル系やムスク系のフレグランスをプンプンさせている例も多い。絶対に似合わないと思うのだが、困ったものだ。そもそも、体臭の強い人種が、その匂いを誤魔化すために付けていたのが香水なのに、本来体臭の少ない日本人が付けるのはいただけない。自然の素材の香を焚いて、緩やかに着物にしみこませて、ふと香るようなものなら良いが、科学的に作り出した匂いは勘弁してほしいものである。

登山をしていても、オーデコロンを付けている登山者に出合うこともある。あれは、環境破壊というか自然に対する冒涜だと思う。そして、かなり危険でもある。自然界の動物や昆虫の行動を惑わすだけでなく、襲われる危険性を高める。自然の花や木々の香りを楽しむ人がいるのだということを、忘れないでもらいたい。絶対に避けてほしいことである。さらに、匂いの強い化粧品を付けて登るのも、やめてほしいものである。毎日匂いの強い化粧品を付けていると、嗅覚を麻痺させてしまうので注意が必要である。嗅覚が弱くなると、山での危険を予知する能力も低下するし、花の匂いを楽しむことも出来なくなる。

匂いというものを楽しむためには、自分自身を無臭にしておく必要がある。勿論、加齢臭やタバコ・酒の臭いなどからもフリーにしておく必要があるだろう。加齢臭はどうしようもないものだと思っている人も多いであろうが、けっしてそうではない。健康的な食事をしていれば防げるものである。最近の西洋かぶれの食事が、加齢臭を起こしているというのはあまり知られていないが、専門家はその事実を認めている。高脂肪・高動物性蛋白の食事は、間違いなく加齢臭を起こす。だから、野菜を中心にした和食が、日本人にとって相応しいのだ。登山の際に、すれ違う中高年の登山者が加齢臭を発している例が多い。あれも、臭いの暴力のひとつである。

目は、瞼を閉じるか意識して見なければいい。耳も塞げば聞こえないし、意識して聞こえないようにも出来る。味覚は食べなければいいし、触覚は触らなければいいのだ。しかし、鼻は呼吸する為に必要なので、常時塞ぐことは出来ない。したがって、匂いの暴力にいつもさらされてしまうのだ。深層意識に最も働きかける五感は、嗅覚だと言われている。したがって、脳に一番影響を与えるのは、間違いなく匂いなのである。だからこそ、香水の匂いや加齢臭を、他の人に撒き散らさないでほしいと強く思うのである。無意識下に働きかけるのだから、望まない匂いによって脳に悪影響を与え兼ねないから危険でもある。

最近、洗濯物にわざわざ匂いを付ける柔軟仕上げ剤や洗剤にわざわざ添加するフレグランス剤が、大量に売れているという。これから益々人工的な匂いが街中に溢れかえることになるだろう。本人は好む匂いだとしても、周りの人々が望まない匂いを嗅がせられ続けるのである。日本人は古来より、自然の中に漂う微妙な匂いを嗅ぎ分けられる嗅覚を持っていた。俳句、短歌を初めとして、文芸作品には匂いとか香りが重要な役割を担ってきたのである。人工的な刺激のある匂いによって本来の嗅覚が麻痺してしまい、そういう微妙な匂いや香りを嗅ぎ分けられなくなったら、日本の素晴らしい文化が廃れてしまうかもしれないのである。人工的な匂いをこれ以上増やさないようにしたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA