「すさまじきもの」紅葉の京都で

京都の紅葉を満喫してきました。何度行っても、あの錦おりなすようなもみじはすごいと思います。今回はライトアップも始めて経験しましたが、素晴らしい演出です。高台寺・圓徳院・清水寺のライトアップでしたが、清水寺のそれは演出効果満点でした。

こんなにも素晴らしくて魅力溢れる紅葉に場違いなものがあったというのが残念です。それは、まさしく『すさまじきもの』と言っても過言ではないような興ざめの行為でした。京都は外国人にも超人気の観光地です。タクシーの運転手は、こんなことも言ってました。「清水寺、東福寺、伏見に行くと、まるで外国に来たみたいで、日本語が通じないんですよ」と呆れていました。それも観光客が外貨を落としてくれるから好ましいことで、外国の方を排除したり阻害したりする気持ちはありません。しかし、紅葉真っ盛りのお寺の中で、周りもびっくりするような大声で、中国語をまくしたてる姿を見た時はがっかりしました。

歓声を上げたくなるのも解りますし、グループ内で感想を述べたくなるのも当然です。しかし、他の人たちが沢山いる中でまさに嬌声を上げ続ける姿は、やはり『すさまじきもの』と言わざるを得ません。郷に入れば郷に従えというように、外国に行った際にはその国の文化を鑑賞したり経験したりするのには、その国の文化を鑑賞する慣習に従うべきです。それらの事前学習をして、迷惑をかけないような言動をしなければならない筈です。それがその国の文化に対する敬愛であり、すさまじき行為は日本の文化に対する冒涜とも言えます。

中国の方はすべてがそうだったかというとそうではありません。マナーを守っていらっしゃる方もいました。私が一人ゴルフで出会った妙齢の中国人女性は、日本人よりも礼儀正しくて謙虚な態度で、素晴らしい人間性を持っていらっしゃいます。姿も立ち振る舞いも美しい方です。ですから、ごく一部の中国の方だとは思いますが、すさまじき態度を取る人には、何故か行く先々で何度も出会ってしまいました。

こういう姿を見るにつけ、我々日本人も外国に行って文化財を鑑賞する際には、十分に気をつけなければならないなと思いました。最近はあまり見かけなくなりましたが、日本の団体観光客が酔って大声で叫んでいる姿が目につきます。そういう意味では、文化的な習熟度がまだまだ低い国民性があるのかもしれません。

一生懸命に働いて、憧れの日本に来て、有名な京都の紅葉を愛でる機会を得たので、舞い上がっていたのかもしれません。大目にみてあげなければならないと思いながらも、すさまじきものに何度も出会うと思わず眉をひそめてしまう自分がいました。

大相撲界ではモンゴルの力士どうしの暴力事件が世間を騒がせています。モンゴルでは大酒を飲んで喧嘩をするのは日常茶飯事だとか。国民性の違いと言えば、それまでのことですが、やはりその国の伝統とか慣習に習うのが、当然だと思います。その文化の違いをしっかりと指導しなかった親方に責任があると思われます。これもまた、日本人の感覚からすると『すさまじきもの』と言えます。

日本人だって、大酒飲んで酔っ払い航空機の中で大暴れする世の中です。日本人のマナーもまだまだです。すさまじきものというように言われないような行動を心掛けたいものです。こんなにも素晴らしい京都の紅葉に恥じないように、自然に溶け込んで一体となるような鑑賞態度を取りたいと強く思ったものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA