サードウェーブ・コーヒーに喝采

最近コーヒー通の間で耳にする言葉がある。サードウェーブ・コーヒーという言葉だ。ファーストウェーブ・コーヒーとはインスタントコーヒーに代表される便利な大量消費のコーヒーであり、セカンドウェーブ・コーヒーとはシアトル系コーヒーに代表される、チェーン店によるやや品質重視の深煎り系のコーヒーのこと。そしてサードウェーブ・コーヒーとは厳選された単一種類で単一産地のコーヒーで、丁寧に抽出された浅煎り系のコーヒーを言うとのこと。端的に言えば、厳選されたコーヒー豆でひとつひとつ丁寧に抽出された高級珈琲ということだろう。

なんだ、それじゃ日本の昔からあるこだわりのコーヒー店で出す珈琲のことじゃないかというと、確かにその通りである。昭和回帰のコーヒーブームかと思う人が多いかもしれないが、そういうふうに取られても仕方ないであろう。あのシアトル系の深煎りコーヒーで満足できなかった珈琲通にとっては朗報かもしれない。世の中のコーヒー好きの人たちはこぞってシアトル系のコーヒーを飲んでいる。スター〇ックスとかタリー〇とか世界チェーンのお店で出されるブレンドコーヒーがセカンドウェーブ・コーヒーである。あれが本当のコーヒーだと若者が勘違いするくらい、世の中にはこれらのコーヒー店が多い。

あのシアトル系コーヒーが美味いと感じる人は、どちらかというと刺激性の強いものを好むし、あまり酸味の強い珈琲を苦手としている。浅煎りのコーヒーはフルーティーで酸味が強い傾向にある。刺激物に慣れてしまった現代人は、物足りない味かもしれないし、酸味がある珈琲には慣れていないと思われる。しかし、コーヒーの本来の味は、酸味が強いものであり焙煎すればするほど本来の味が損なわれるということを知らない人も多い。皆が美味いと言えば、自分の味覚が変だと思われるのが嫌で追従する人が多いことから、シアトル系のコーヒーを飲んでいる人も多かろう。

そんなシアトル系のコーヒーを苦々しく思っていた珈琲通も多かったに違いない。インスタントコーヒーは金をもらっても飲みたくないし、シアトル系コーヒーは美味しくないと、自分も感じていた一人である。ましてや、コンビニにおいて自動サーバーで抽出するコーヒーが美味しいと思っている人の味覚はどうかしている。レストランにおいても自動サーバーで抽出したドリンクバーが主流であるが、あれをコーヒーだと思っている人がいるというのが信じられない。コーヒーの本来の味を知らない人が実に多いと嘆いていた。

ところがここに来て、本格的なコーヒーとしてサードウェーブ・コーヒーがもてはやされてきたということは、嬉しい限りである。ただし、単一生産地の単一品種で高級豆だけをサードウェーブ・コーヒーと呼ぶというのは行き過ぎだと思われる。そんな僅か5%しか存在しない珈琲豆しかサードウェーブ・コーヒーと認めないというなら、我々庶民は飲めなくなってしまう。もう少し範囲を緩やかにして、浅煎り系のコーヒー豆でじっくり丁寧に抽出したコーヒーを総称してサードウェーブ・コーヒーとして定着させたら良いと思う。

浅煎りまたは中浅煎りのコーヒー豆を機械など使わずに、手回しのコーヒーミルでゆっくりと熱を出さないように細心の注意を払って挽いて抽出したい。コーヒードリップで無漂白のろ紙を使い、沸騰させたお湯をドリップ専門の口細のポットから注いで、約2分間たっぷり入れたコーヒー粉を蒸す。その後、少しずつお湯が溜まりすぎない程度にお湯を注ぐ。抽出したコーヒーが冷めないように、コーヒーポットは温めながらお湯を注ぐ。勿論、お湯も冷めないよう弱い火で沸かし続けながら注いでいく。そうすると2人前ならば、約15分で抽出が完了する。

こんな珈琲の淹れ方は、暇な人じゃないと出来ない。あの藤岡弘氏は、30分かけて珈琲を淹れるらしい。とてもじゃないが30分はかけられないが、せめて美味しい珈琲を飲みたいならば、手間暇を惜しんではならない。世の中は、便利なものや労力のかからないモノを欲しがる。でも、コーヒーメーカーや自動コーヒーサーバーだけは要らない。料理も同じであるが、味わう人の為に真剣に手間暇かけて心を込めて淹れた珈琲が美味いのである。たかが珈琲、されど珈琲である。本物の珈琲をサードウェーブ・コーヒーとして味わってもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA