あおり運転の心理分析と危険性

あおり運転での事故が多発している。それも悪質なあおり運転が、急増しているという報道がなされている。これは多発するようになったのではなくて、今までは見過ごされていたものが、例の高速道路での死亡事故が起きたことで、社会的な悪として注目されたからであろう。さらには、ドライブレコーダーの普及によって証拠として採用され、メディアも報道しやすくなったという効果があると思われる。それにしても、こんなにも悪質なあおり運転が横行しているという事実を驚くと共に、実に情けないと思う。

あおり運転をするのはどんな人かというと、普段はそんな過激なことをする人ではないと、周辺の人々が口にする。とすれば、いざ運転席に身を沈めると性格が一変してしまうということであろう。普段はおとなしい人が、ハンドルを握った瞬間から人格が変わるなんてことがあるだろうか。そういえば、酒に酔うと性格が一変する人がいる。同じだとすれば、困ったものである。脳神経医学者は、酒に酔うと性格が変わる人をこう分析している。酒に酔うと性格が変わる訳ではなく、アルコールによって大脳辺縁系を抑制する前頭前野が麻痺して、本来持っている性格が出るだけなので、それがその人の本来の性格なんだと主張する。

あおり運転も同じことが言えるかもしれない。運転席に座ると性格が変わるのではなく、元々の性格が現れるだけなのであろう。脳神経学的に言えば、大脳辺縁系の偏桃体などの情動を司る部分を前頭前野がある程度抑制しているのに、ハンドルを握った途端に前頭前野によるコントロールが効かなくなり、偏桃体が暴走してしまうと推測される。危険なあおり運転をする人間は、元々情動に流されやすい人間であろう。ほんの些細なことでも激高してしまい、これらの脳の抑制が効かなくなり、あおり運転をすると思われる。

どうしてそんなに危険な大脳辺縁系と前頭前野になってしまったのかというと、おそらく怒りや憎しみの感情を処理するのが不得意だったのかもしれない。自我(エゴ)が肥大化していると同時に、自我と自己の統合(自己の確立=自己マスタリー)が出来ていないと思われる。だから、些細なことでもキレるのである。こういう人は、怒りや憎しみを起こしやすいし貯めやすい。怒りの感情を頻繁に起こしていると、偏桃体が肥大化すると言われている。すると、コルチゾールというステロイドホルモンを多量に放出し、それが海馬と前頭前野に影響を与えて委縮させる。つまり、益々偏桃体が暴走することになるし、将来認知症になる確率も増大する。

あおり運転をする人の心理や脳神経学的な分析をすると、とても危険な人間だと言わざるを得ない。おそらく、欲望にも流されやすい傾向にあるから、タバコやアルコールに溺れる人も多いと思われる。酔って問題行動を起こすケースも多いと考えられる。たとえ、職場では普通に振る舞っていても、家庭でDVをしたりモラハラをしたりすることも少なくないであろう。だから、もしこのような危険な人間と遭遇したら、当たらず触らずの対応をしたほうがよい。

あおり運転をするような人間は、例外もあるが必要以上に大きい車に乗りたがるらしい。大型のRV車やワゴン車を運転する人が多い傾向にあると見られる。何故かというと、自尊感情が低い為に自分を過大に見せたいという意識が存在し、大きな車で他人を威圧したいと思うのであろう。自分を強く見せたいというのは、黒い車や黒い洋服をまとう無意識にも通じる。だから、大きな車で乱暴気味の運転をするのを見かけたら、近づかないことである。もし万が一あおり運転をされたら、安全な処に停車して絶対に車から出ないことだ。すぐに警察に電話するとよい。少しぐらい叩かれても、窓は割れないから心配ない。

あおり運転をする人間は、人間的に未熟なのである。自分が、運転席に座ると性格が変わり、カッとなりやすいと自覚しているのであれば、気を付けたいものである。将来、あおり運転をする危険性があると思ってよいだろう。運転をする時だけ性格が変わるのではなく、元々そのような脳の働きをする傾向にあると認識すべきである。偏桃体が肥大化していて前頭前野や海馬が委縮傾向にあると思ってよい。ストレスが多いために、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが大量に出ているのかもしれない。ストレス解消をしなければ、益々ひどくなってしまい、心臓血管疾患や脳血管疾患、またガンなどの重病になりやすい。ストレス解消と自己マスタリーに努めることを勧めたい。

 

※ストレスをためてしまい、いつもイライラしてしまう人は「イスキアの郷しらかわ」をご利用ください。ストレス解消の方法と、怒りや憎しみの感情を起こさない方法を研修します。自己マスタリー(自我と自己の統合)を学び、寛容で受容の心を発揮出来るようになります。また、いつも怒りの感情を我慢してしまい、吐き出さずに溜め込んでいる人も危険です。怒りの感情を上手に昇華する方法を身に付けるサポートもしています。まずは問い合わせでご相談ください。メールや電話での相談は無料で行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA