霊的な啓示を売り物にする

世の中には不思議な人物がいる。自分を神だと主張して憚らない者がいるのだ。または、自分は神からのメッセージを伝えるメッセンジャーだと言い張る者がいる。すべての者が偽りだとは言わないが、どうも胡散臭い人物が多い気がする。古代から、神の生まれ変わりだと世間に喧伝した人物も多くいたし、シャーマンとして呪術を操った人も大勢いた。今でも、霊が見えるとか、過去世が解ると言っては占いを生業にしている者は少なくない。日本だけでなく、全世界でもこのように自分を神と同一だとしている人物はかなり多い筈だ。

神または神の使いだと主張する者が、人々を意図的に騙しているとは言わないが、どうも怪しい人物は多い。まず人相を見てみると、明らかに信頼に足るような人相をしていない。神々しさはまったく感じられないし、どちらかというと統合失調型のパーソナリティ障害のような感じを受ける。または、妄想性のメンタル障害としか思えない者が多い。中には、本物だと思えるような素晴らしい人もいるが、極めて少ない。こういう人物に、どうして人々は騙されてしまうのだろうと不思議に思えて仕方ない。

誰でも自分は騙されないぞと思っている。高学歴で教養が高く、いつも科学的な分析をしている良識人は、本来は騙されないものである。ところが、こういう高学歴で知能の高い人のほうが、いとも簡単に騙されるのだから不思議である。人間というものは、賢い人で疑り深い人のほうが騙されにくいと言われているが、実は疑り深い人のほうが騙しやすいのである。こういう人は、科学的な根拠を少しばかり示されたり、実際に不思議な実験結果を見せられたりすると、簡単に騙されることが多い。あれほどの高学歴で教養の高い人が、ころっと騙されてしまったオーム真理教事件を思い出せば理解できるだろう。

神を名乗ったり、神の使いだと言ったりするという者が本物かどうかを見分ける簡単な方法がある。それは、お金を求めるかどうかである。集会や講演会において、相当の謝金を要求したとしたら、まずは偽物だと思って間違いない。旅費の実費や車代程度のものならあり得るが、数万円の謝金が必要だと言うのなら、疑ってかかっていいだろう。または、パワーストーンや数珠、または運気を呼び込む各種グッズ等を販売するのも怪しい。本当の神であれば、自分から謝金を要求したり高額なモノを売りつけたりすることなどあり得ないというのは誰でも理解できる筈である。

自分は霊が見えるとか、神の存在を感じるという者がいる。あなたにはこんな守護霊が付いているとか、悪霊が付いて悪さをしているということを指摘する人物がいる。そう主張する本人は、本当に見えるのであろう。騙しているとは思えない。だから、信用してしまうのであろうが、実はそう見えたり聞こえたりするのは9割がた幻覚幻聴であるケースであると言われている。あなたには素晴らしい守護霊が付いているから、安心して生きていきなさいというのならば害はないのでまだ許せる。しかし、あなたには悪霊が付いていると脅し、お祓いや運気グッズの販売などをするならば、疑ってみる必要がある。

霊的な啓示を信用するというのは、自分の人生が恵まれなくて、苦難困難を抱えている人が多い。そんな不遇な人からお金を巻き上げるような非道を、神がする筈がない。運が悪い人は、悪霊とか貧乏神がついている訳ではない。あくまでも、生きる姿勢、生きるための価値観、生きる哲学が劣悪で低いからであり、運のせいではない。生き方に問題があるから、悪運がついてまわるのである。ただ、勘違いしないでもらいたいのは、因果応報とは違うということである。因果応報というのは時の権力者が仏教の教えをねじまげたものである。関係性(縁)を基本にした因果、つまり因縁によって人間の運命は左右されるのである。関係性という大切な生きるうえで大切な価値観が希薄だから不運なのである。

輪廻転生や唯識論、または一念三千論などの仏教の教えを拡大解釈して、救いを求める人々を助けようとしている者がいる。悩める本人をまったく否定せず受け容れて、カルマを抱えた過去世や悪い霊が付いているので不運なのだと安心させるヒーラーや霊能者、占い者たちである。そして、高額な占い料金・除霊代金・除霊グッズ代を要求するような者は、まずもって偽物であろう。そんなのは単なる気休めであり、一時的に気分は良くなるが、気分障害は再発する。そして、一生その霊能者に食い物にされるのである。生きるうえでの価値観や哲学が間違っているから不運なのであり、正しい理念を持つことが大切なのだと、耳障りで聞きたくないことを指摘してくれる支援者だけを信用することが肝要であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です