化学肥料の危険性

化学肥料と農薬は、近代農業に多大な貢献をした。収量の増大と農業労働の省力化をもたらして、農業生産のコストダウンによる収益率の向上を実現させてくれた。その一方では、大きな健康被害をもたらしてしまったという点を忘れてはならない。つまり、農薬の過剰使用による残留農薬の健康被害と、化学肥料の行き過ぎた使用によって、本来持っている野菜のミネラルなどの栄養素を異常なほど低下させてしまった点である。特に、人間の健康にとって不可欠な栄養素である、微量な元素を野菜から奪ってしまったせいで、健康被害を助長してしまったのである。

 

化学肥料の長期に渡る大量使用は、土壌本来のエネルギーを奪い、土を痩せさせてしまう。そうすると、人間にとって必要なビタミンC・A、鉄分、カルシウム、亜鉛、マンガン等の栄養素が不足した野菜しか生産できなくなってしまう。田んぼの稲も同じことになる。亜硝酸態窒素の危険性も提起されている。化学肥料だけの問題ではない。品種改良による影響もある。消費者の嗜好や見た目を求める傾向に迎合した品種改良が、栄養素不足の農産物生産を招いている。化学肥料を大量に使用すると、従来品種の野菜が枯れてしまう。化学肥料を大量使用しても枯れない野菜の品種改良が行われている。化学肥料が大量に売れるようにと品種改良をしているのだ。遺伝子操作による危険性も指摘されている。消費者の利益を無視している暴挙である。

 

ビタミンCや鉄分の不足した野菜の市場流通によって、貧血の人は増大している。カルシウムの不足した農産物の影響もあり、キレる若者が増えているし、骨粗しょう症が増加している。亜鉛不足は深刻である。亜鉛不足により味覚異常をきたして、濃い味の食事を摂取するようになり、高血圧や糖尿病の患者を増大させている。辛い食事を取り続けると、自律神経のバランスを崩して免疫異常を引き起こす。亜鉛不足は性ホルモンの不足を招いて、男性は男性ホルモンが減少して女性化し、逆に女性は女性ホルモンが不足して男性化が進行する。性ホルモン不足は、婚姻率を低下させると共に不妊率が向上してしまう。つまり、少子化という深刻な事態を引き起こす要因にもなるのだ。

 

マンガン不足も深刻である。マンガンは『愛情の塩』と呼ばれていて、人間の心の健康にとって大切なミネラル分である。マンガンは愛情を生み出す魔法の調味料と言われている。つまり、マンガンの不足が愛情不足を招いてしまうのである。マンガン不足は夫婦関係や親子関係の亀裂を生み出すから大変である。受胎率の低下をもたらすし、性不感症を起こしてしまう。さらには子どもに愛情が注げなくて、母性愛が低下してしまい、しまいには虐待まで起こしかねないのだ。ビタミンや鉄分の不足も深刻だが、これらの亜鉛とマンガン不足も人間の身体健康だけでなく精神的な健康被害をもたらすということを認識すべきであろう。離婚が増えている要因のひとつかもしれない。

 

化学肥料をまったく使用していない山菜は、ビタミン類、鉄分、カルシウム、亜鉛、マンガンを豊富に含んでいる。春になると山菜を大量に採取してきて、多くの親戚と知人におすそ分けしている。群馬県に住んでいる義姉には、コゴミ、ウド、シドキなどを段ボールに梱包して送付している。長い期間に渡り義姉はアレルギー症状で苦しんでいる。ところが、送った山菜を食べるようになってからは、アレルギー症状がすごく軽減していると喜んでいる。微量元素のミネラル分が、毒素をデトックスしてくれているし、腸内環境を改善してくれているに違いない。

 

化学肥料を使用せずに、堆肥、落葉土、自然由来の鶏糞や魚粉などを使う有機栽培であればいいのかというと、そうとも言い切れない。動物の糞を利用した堆肥などは、ビタミン類やミネラル分が不足する可能性があるという。逆に亜硝酸態窒素が問題を起こすケースもあるらしい。やはり、動物の糞を利用しない有機堆肥が良いみたいである。EM菌が良いというので使用している農家がある。しかし、科学的な根拠もないし検証結果も効果がないとの反対意見も多い。いずれにしても、化学肥料や農薬は使用しないほうがいいと思われる。昔から行われている、土を大事にした自然栽培による農産物生産こそが、健康に良いのは間違いない。

 

※イスキアの郷しらかわ(農家民宿四季彩菜工房)では、無農薬・無化学肥料により自然栽培しているお米と野菜を提供しています。ですから、数日間イスキアの郷で生活していると、体内の毒素がデトックスされると共に、腸内環境も劇的に改善されて、心身共に健康になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です