テロメアと不老長寿

最近の医学研究により、不老長寿の秘訣が判明したというニュースが流れている。各局の健康番組やNHKのクローズアップ現代でも取り上げられている。その話題の主は、テロメアという遺伝子(染色体)末端の紐のことであり、テロメアが細胞分裂の仕組みを決定付けていることが解ってきたのだ。人間の細胞が分裂を繰り返す際に、テロメアという紐の部分が重要な働きをするみたいで、テロメアが短くなると細胞分裂が出来なくなり、細胞が老化したり劣化したりしてしまうという。人間の細胞は、約50回分裂を繰り返すのであるが、テロメアが短くなってしまうと50回到達以前に細胞分裂が阻害されて、劣化・老化をしてしまうと言われている。人間の老化や疾病の発症に大きく関わっているのではないかと見られている。

 

そして、テロメアが正常な働きをするには、テロメラーゼという酵素が重要だということも判明してきた。テロメラーゼが不足しているとテロメアが短くなるのが早くなり、十分な量が確保されていると、テロメアが短くならないばかりか、逆に伸びるケースもあるらしい。となると、テロメアとテロメラーゼによって、不老長寿が可能になるという結論になる。重要なのはテロメアが短くなるスピードには個人差があり、テロメラーゼの量も人によって変化し、テロメアが伸びる人もいるということである。ということは、老化する個人差が出てくるのは、テロメアとテロメラーゼに影響されていてのだから、不老長寿の実現も夢ではないことになるのである。

 

それでは、その個人差は何によって出来るのかということだが、ストレスによる影響が一番大きいという。勿論、ストレスだけではない。過度の飲酒、喫煙、食生活の乱れ(添加物の多い食べ物、肉食、ファストフード、ジャンクフード等)、不眠、運動不足なども、テロメアを短くする。逆に、適度の運動、野菜中心の食事、規則正しい生活(早寝早起き)はテロメアを短くするのを遅らせるし、伸長させることもあるという。特に影響があるのが、やはりストレスだという。ブラックバーン博士は、その研究によってノーベル医学生理学賞を受賞したのである。ストレスフルな生活をしている人は、テロメラーゼの量が少なくなり、テロメアが短くなる。ストレス解消が上手な人は、テロメアが長くなり老化が遅くなるのである。

 

テロメアは身体の老化だけに影響するのではない。脳の老化と劣化にも多大な影響を与えるという。脳細胞の分裂もテロメアによって支配されている。脳細胞の老化・劣化・死滅にも深く関わっている。認知症やアルツハイマーになるひとつの要因も、テロメアではないかと見られている。ガンを初めとした疾病が発症するそもそもの要因も、テロメアの影響が大きいことが解りつつある。同じ年齢でも、膚がつやつやとして張りがあり、若々しくて元気な人もいれば、ひからびたようにどす黒く艶のない肌でエネルギーを感じない人もいる。これも、テロメアが関係していると思って間違いないであろう。恐るべし、テロメアである。

 

テロメラーゼを増やしテロメアを伸ばす生活習慣については、先ほど記述した通りであるが、ストレスを解消する生き方とはどういうものであろうか。それは、ポジティブな考え方らしい。ネガティブな考え方をする傾向にある人は、実験によってテロメアが短いことが解っている。つまり、自分に起きたこと、これから起きるであろうことに対して、常にポジティブに考えられる人は、テロメラーゼの分泌が多くてテロメアが短くならないのである。それでは、ポジティブな考え方をするにはどうしたらいいかというと、マインドフルネスという方法の効果が大きいという。マインドフルネスとは、「今ここに心する」という考え方である。私たちは、いつも過去に起きたことを悔やみ、将来に起きることを不安に思う。しかし、過去は変えることが出来ないし、未来は誰にも解らない。今、この瞬間しか思い通りにならないのである。

 

マインドフルネスとは、瞑想法、呼吸法、ヨガ、太極拳、座禅、読経、写経、滝行などの手助けを借りて、今の自分の心を無にすることであり、悲しいこと・辛いこと・苦しいことの思念を一時的に手放すことである。無我・無心と呼ばれるような心境になることである。仏教でいうことの唯識論でもある。勿論、無心・無我の境地になることは一般人には難しい。今この瞬間に集中するだけでもよい。一時的に思考を停止することが出来たら、随分と気持ちは楽になる。一時的に思考を停止させると、よい解決法も思いつく。音楽に没頭するのも良いし、絵画を描いたり、俳句・短歌を詠んだりするのもよい。私は、登山とゴルフでマインドフルネスを実行している。うつ病やパニック障害などのメンタル障害にも効果がある。『イスキアの郷しらかわ』では、マインドフルネスのアドバイスも行っているので、問い合わせてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です