NEWS(新着情報)

稲の種まき体験と山菜昼食会開催しました

イスキアでも、田んぼの農作業が始まりました。4月16日の今日は、稲の種まきでした。数人のお手伝いをお願いして、プランターに土を入れ処に種もみを蒔いて、その上にさらに土をかぶせて仕上がりです。昔は、土づくりからこれらの作業を手作業で行いましたが、今はすべて機械作業で行います。なにしろ、土も袋に入っていて、ピートモスが含まれていますから、そのまま使えます。

プランターをセットして、土と種もみをバケットに入れて、水をセットすれば準備OKです。いよいよ、スイッチオンです。

土と種もみと水を適量出るようにセッティングすれば、後は自動で進んでいきます。

仕上がったプランターを棚に積み上げて、温めながら水分を補給しておけば30日くらい過ぎれば田植えが出来るそうです。なにしろ、一粒の米から約1,000粒の米粒が出来るというのですから驚きです。

手作業でやると、数人がかかりきりで丸一日かかったのですが、機械でやると約3時間くらいで完了しました。

お昼は天然の山菜づくしの昼食会でした。コゴミ、コシアブラ、タラの芽、フキノトウの天ぷら、竹の子とコゴミの煮しめ、天然もの山葵の花芽など、山菜たっぷりの食事でした。

山菜尽くしの昼食は、ご希望になればこれからの一か月間は提供することができます。山菜採りのツアーも可能ですので、ご相談ください。なお、竹の子採りをしたいという方にも、これから2週間は可能となります。いずれも問い合わせのフォームからお申込みください。

発達障害・不登校・ひきこもりの研修会を開催

2月25日(日)と26日(月)に発達障害・不登校・ひきこもりについての研修会を開催しました。二日間で多くの方々に参加いただき、発達障害、不登校、ひきこもりについて学びました。

発達障害の発症原因とその対策、親がどのように関わればよいのかを研修しました。不登校、ひきこもりが増えている、社会における要因とバックグラウンド、解決方法について詳しく研修しました。その後、参加者からのご質問にもお答えし、個別の相談にも応じました。とても参考になったとの感想を頂きました。これからも、このような研修を続けて開催していきたいと思います。

 

 

 

ランチ会とプチ研修会(癒し)を開催しました

一昨日(1月29日)知人から、ものすごく落ち込んでいて、食事も喉を通らず苦しんでいらっしゃる人がいるので、連れて行くとの連絡がありました。30日は予定が入っていたのをキャンセルしてお迎えしました。その方は、家族関係と職場関係の大きなストレスを抱えていて、身体的にも過重労働になっていたのが、少しだけ解放されたことにより、一気に身体症状に出てしまったようでした。

こういうことはよくありまして、頑張り過ぎている時期は何とか乗り越えているのですが、少しだけ楽になりホッと一息ついた時に疾病として出ることが多いようです。特に、女性は免疫系統の異常が多いのが特徴です。心身共に頑張り過ぎて、免疫システムが新から旧のシステムに切り替わってしまい、誤作動を起こし暴走してしまつたようです。

食事は一切摂れず、流動食しか食べていないとのことでしたが、敢えて普通の自然食をお出ししました。勿論、無農薬でオーガニック栽培の米と野菜の食事です。すると不思議なことに、ゆっくり食べることで完食できました。また、今苦しんでいらっしゃることを吐き出してもらい、問題に対する考え方と捉え方をアドバイスさせてもらいました。普段はあまりお話をしない方らしいのですが、堰を切ったように身の上話や苦しい胸の内を話されて、すっきりされたようです。問題をすべて一緒に考えてしまったようで、自分で努力して解決できることと解決できないことを分けてもらい、努力が報われるものだけに集中するようにお話しました。

なお、後半は量子力学と引き寄せの法則についてプチ講演会をしました。最先端の科学である量子力学(物理学)の世界では、自分の意識(有意識と無意識)がこの世の物体を実体として現わしていて、しかも自分の意識によってそれを変化させているということが証明されています。つまり、引き寄せの法則は、科学的に証明されているということです。そんな話をしながら、我々の無意識は不安と恐怖感から、悪い結果をついつい想像してしまうということを知ってもらい、自分を信頼することの大切さ、自分を愛することで他を愛し信頼できることになるから、愛という波動エネルギーを常に引き出して与えることを思い続けると、劇的に人生が変わりますと伝えました。

この方は3時半くらいまで楽しく勉強されて、帰るころには見違えるように元気になられました。また苦しくなったらおいでくださいと伝え、お見送りしました。

 

 軽い農作業体験会(第2回目)を開催しました。

日時 11月15日(水)  9時~15時

場所  農家民宿四季彩菜工房(イスキアの郷しらかわ)

内容  にんにく、タマネギの移植(植え込み)

3名の方が参加して、楽しく農業体験をしました。にんにく、たまねぎの移植は初めての方だけでしたが、吉田さんご夫妻の指導が適切ですごく上手にできました。農作業で土いじりをしていると、すごく心が癒されます。参加者同士が仲良くできて、さらに美味しい昼食をご馳走になりまして、大満足でした。

有機栽培の野菜というのは、これだけ手間暇をかけるんだということがよく理解出来ました。

第3回の施設見学会と研修概略説明会を開催しました

平成29年10月26日(木)10:30~13:30

今回は、施設の見学会を開催すると共に、佐藤初女さんの森のイスキアを紹介するビデオ上映をしました。そして、この施設で実施する研修の概略も説明させてもらいました。前回2回の見学会は施設見学、佐藤初女さんのビデオ、イスキアの開設趣旨説明でしたが、今回初めての試みでした。

研修の概略説明と言っても、本来は20時間から30時間もかけて行う研修ですから、そのエッセンスを1時間で説明して解ってもらえるかどうか心配でした。システム思考と自己マスタリーという、なかなか理解し難い内容でしたので、無理して詰め込み過ぎました。ご参加された方には、申し訳ないことをしたと思います。

ところが、やはりその中でもしっかり理解された方がいたというのが驚きです。元々、量子力学の素養があった方だったので理解してもらえたのだと思いますが、すごい理解力だと感心してしまいました。このシステム思考を理解したら、この社会を生きる上でこわいものがなくなります。勿論、心が折れた方も社会復帰できますし、企業や組織において大活躍できます。また、家庭生活や私生活でも間違いない選択が可能になります。

このシステム思考の入門部分だけでも理解してもらえたら、人生に対する考え方がらっと変わります。驚くような出会い(シンクロニシティ)も起きます。メンタルの障害も乗り越えられます。身体の疾病も完全治癒することが可能になります。

次回の研修は1泊での開催にしたいと思います。近々お知らせしますので、是非ご参加ください。

 

第2回イスキア見学会とランチミーティングを開催しました

第2回目のイスキア見学会とランチ会を開催しました。会津といわき市など遠くからおいで頂いた方もいらっしゃいました。四季彩菜工房の吉田さんの手作り料理に舌鼓を打ち、農家民宿の施設を見学なさいました。なお、佐藤初女さんのビデオもご覧になって頂くと共に、イスキアの目指すビジョンや理念についても説明さらてもらいました。無農薬で化学肥料を使用しない米や野菜で作成した健康料理で、ご満足いただきました。今度は、ゆっくりと宿泊したいというご感想を頂きました。ご利用、ありがとうございました。参加者のお1人がブログで詳しく紹介してくださいました。

参加者の紹介ブログ

  • 参加希望者は問い合わせのページで申し込んでください。


見学会・ランチミーティングを承ります 2017.9.6

四季彩菜工房(イスキアの郷しらかわ)を見学したいとのご要望が多数寄せられています。それぞれの方々にお応えしたいと思っていますが、経営者の吉田夫妻も農業・地域活動にお忙しい人です。申し訳ありませんが事前予約を問い合わせページから申し込んでから、いらしてください。

なお、見学の際は是非とも四季彩菜工房の食事を試していただきたいと存じます。見学のお付き合いとランチ代(ケーキorパン、コーヒーなどの飲み物含む)でお1人2,500円をご負担願います。なお、5人以上のご訪問であれば、お1人2,000円にいたします。多額のご負担をさせてしまうこと、ご了解ください。午前11時から午後2時までの時間でご訪問ください。


第1回見学会・ランチミーティングを開催しました2017.9.3

四季彩菜工房で、7名の方々が参加されて、第1回の見学会・ランチミーティングが開催されました。

吉田夫妻の施設案内と自然食のランチが提供されました。手作りの野菜料理や玄米餅の揚げ餅など、沢山の料理でおなか一杯に。その後、ティータイムでは、佐藤初女さんと森のイスキアのビデオが上映されました。今度は是非泊まりたいと感想を述べられました。いずれは、自分もこんな農家民宿を運営したいと思われた方もいました。とても有意義な見学会になりました。ご参加ありがとうございました。